車を手放すなら下取りではなく買取にしよう

失敗しないわきが選び7つのポイント > 注目 > 車を手放すなら下取りではなく買取にしよう

車を手放すなら下取りではなく買取にしよう

もしあなたが今乗っている車を手放そうとしているのであれば、下取りより買取をおすすめします。なぜ買取をおすすめするのか?その理由について紹介します。【本気度が全く異なる】下取りするディーラーの本業は新車の販売。新車を売ることを生業にしているのであって、下取りはあってもなくてもかまいません。一方買取業者は車を買い取ることが本業であり、車を買い取らない事には商売が始まりません。そのため車を引き取ることにかけての本気度が全く異なるのです。【競争相手の数が違う】下取りするディーラーは、下取り相手にライバルはいません。一方、買取業者は国内に多数あり、ライバルがたくさんいます。ライバルが多い分野と少ない分野、どちらに引き取ってもらうのが良いのか、それはわざわざ言うまでもないでしょう。【買取に関するノウハウ】買取に関するノウハウも全く異なります。ディーラーは新車を販売するノウハウは持っていますが、買取に関するノウハウはありません。一方買取業者は買取に関するノウハウをたくさん持っており、どうしたら高値で買い取れるか、という方法を熟知しています。【まとめ】今回紹介した内容だけを考えても、車を手放すときは下取りではなく買取業者にお願いしたほうがよいでしょう。少なくとも下取りに出す前に複数の買取業者にあたってみることをおススメします。